台湾既存化学物質届出、増補 | ハニカム・テクノリサーチ

台湾既存化学物質届出

台湾既存化学物質登録に必要な対応

台湾では、行政院 環境保護署が公布した「毒性及び懸念化学物質管理法」の下位法に当たる「新規化学物質及び既存化学物質資料登録弁法」に基づき、100kg以上輸出した既存化学物質は輸出後半年以内に登録対応が必要となっております。

また指定された106物質の既存化学物質であり、かつ1トン以上を取り扱い量として登録している物質に関しては、所定の期日までに毒性・人健康試験報告書等を資料として含む標準登録が必要となっております。

弊社では手続きに関するお問い合わせ、またエビデンスに関するご相談などを受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。


弊社のサービス

ご依頼の化学品について、既存化学物質該非判定、100kg輸出後の登録(第一段階登録)、106物質について1トン以上輸出する際の登録(第二段階登録)、数量報告、試験実施の立案、試験代行等のサービスをご提供します。


業務の流れ
①お問い合わせ、お見積依頼
②物質情報秘密保持の確認や申請人の確定、お見積り提示
③お客様よりご依頼確定後作業開始 、申請書(日本語)の確認等
④申請書(台湾語)の提出、当局による審査
⑤登録証の送付
⑥請求書発行

ご相談・お問い合わせはこちら
申込受付中セミナー
ページトップへ