欧州ポイズンセンター(PCN)届出代行サービス

欧州ポイズンセンター(PCN)への届け出を弊社が代行いたします。

欧州では、2017年3月にCLP第45条 (4) により、附属書VIII「緊急時の健康対応に関する情報の調和」が追加されました。
その結果、国のポイズンセンターへ直接、あるいはECHAポータルサイトを介して、 危険有害性のある混合物をEU市場に出す輸入業者と川下ユーザーは国立機関であるポイズンセンターに必要な情報を届出することが義務付けられました。

この届出により、混合物による緊急対応の質を高めることができることになっています。
このような状況において、弊社では工業用途の混合物の毒物センターへの届出を代行いたします。

届出期日
・消費者用途:2021年1月1日
・業務(プロフェッショナル)用途:2021年1月1日
・工業用途 2024年1月1日
※ 既に市場に参入しており、且つ加盟国の毒性情報センターに届出が行われた製品は、2025年1月1日までの移行期間が設けられています。

弊社のサービス
工業用途の混合物の毒物センターへの届出を代行いたします。
弊社にご依頼いただければ、日本語での対応が可能、また対応フローと費用が明瞭です。

届出フロー
①届出国と製品の選定
②発注
③弊社に情報シート(混合物の成分、分類、ラベル要素、毒性データ、製品の包装等)を提供
④弊社(現地法人)が届出書類を作成し、ECHAのオンラインツール(PCN porta)で提出
⑤UFIコード取得
⑥納品

詳細は弊社担当者までお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちら