中国化粧品既存原料安全情報登記

中国化粧品既存原料の安全情報登記を代行します。

中国では化粧品の安全性を確保し、人々の健康を維持するため、 「化粧品監督管理条例」などの法体系が整備されております。
その法規において、既存の化粧品の既存原料の安全情報を2023年5月1日までに登記することが義務付けられています。
したがって、中国の市場へ流通している化粧品を取り扱っている日本の化粧品原料製造者は、自らまたは代理人を用いて 安全情報を当局に提出して伝達コードを取得する必要があります。
さらに、2021年12月31日にこの登記におけるプラットホームが正式に使用開始されました。

*法的根拠:「化粧品監督管理条例」、「化粧品登録備案管理弁法」、「化粧品登録備案資料管理規定」、「化粧品原料安全関連情報提出指南」

このような状況において、弊社では本格的に当該業務の代理人業務を開始いたしました。
皆様の中国での化粧品市場における活動を支援します。

弊社のサービス
■化粧品原料登記代行業務
お客様あるいは原料メーカー様より原料の安全情報をご提供いただき、 お客様の時間及びコストを軽減するため、弊社で登記資料を作成するとともに、 お客様の相談にも丁寧に応じながら、登記完了までサポートいたします。


ご相談・お問い合わせはこちら