2021-05-14

【外部講師講演】中国輸出管理の最新動向と日系企業の対応 5/14(金)[オンライン]

【外部講師講演】金杜法律事務所弁護士、北外国際制裁・輸出管理研究センター共同委員長の劉 新宇先生より、中国輸出管理の最新動向と日系企業の対応について解説して頂きます。


一般社団法人 日本国際コンプライアンス推進認定協会(ICPCA)は、ハニカム・テクノリサーチ株式会社との共催のもと、北京市金杜法律事務所パートナー弁護士、北京外国語大学国際制裁・輸出管理研究センター共同委員長を務める劉 新宇先生をお招きし、2021/5/14(金)に以下の内容でセミナーを開催します。

シリーズ第三回「中国輸出管理の最新動向と日系企業の対応」

New! 2021.5.7 ご案内を追加更新しました!
---------------------

第一回、第二回と大きく異る点としては、
中国においては、輸出管理法の公布以降、同法がその制定について定めていた「輸出管理ガイドライン」に関心が寄せられていたところ、4月28日にようやく、中国中央官庁商務部により「デュアルユース品目の輸出管理に関する内部コンプライアンスガイドライン」が公布されました。

このガイドラインは、企業にコンプライアンス体系構築の基礎を提供し、実務的観点から企業への詳細な指導を行うものであり、法令のような強制力こそないとはいえ、中国輸出管理法を遵守するうえで必要なコンプライアンス体系に関する内容を定めていることから、日系企業を含む対中投資・貿易事業者にとって多大な意義を有しております。


本セミナーの講師・劉新宇弁護士は、当該ガイドラインの制定過程において専門家として助言や意見提示をされた実績があり、同ガイドラインについても解説していただきます。

---------------------

■サブタイトル
輸出管理法をはじめとする最新法令・実務及び日系企業としての対応

■本講座のポイント
2020年12月1日施行の「中国輸出管理法」は、米中経済摩擦が先鋭化する国際情勢の下、中国内の渉外取引に限らず、「再輸出」、
「みなし輸出」等を通じて中国外の取引にも適用されると定めており、外国企業への影響も懸念されます。
特に、同法は域外適用の規定を定め、外国企業もその適用対象となる可能性に鑑み、日本企業においても、
適切なリスク管理と社内コンプライアンス制度の確立が急務といます。
また、中国の輸出管理制度の全体を把握するには、「信頼できない実体リストに関する規定」、「輸出禁止・輸出制限技術目録」、
「外国法不当域外適用阻止弁法」など周辺的な法令を踏まえなければならず、今後も一連の関連法令・実施細則の制定が続くと予想されることから、その立法動向が注目されます。

これら関連立法の動向は、対中貿易にとどまらず、対中投資の面でも日系企業に多大な影響を及ぼすことが考えられ、
大国間の競争が激化し各国の輸出管理が交錯する中、企業においては中国輸出管理の最新動向を注視しつつ、
各種のリスクに迅速に対応していくことが重要です。

■本講習会で得られる知識
・中国輸出管理をめぐる新法令の要点
・関連する日本企業の実務対応
・社内コンプライアンス制度の確立、リスク管理その他適切な対応方法

■受講対象
対中貿易に携わる営業部門の方々、管理部門の方々
特に管理職及びリスクコントロール・法務部署

是非この機会にご参加ください。

本セミナーは、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「オンライン形式」で開催いたします。
開催時間は14:30-17:30(開場 13:30)となります。
なお、今回のセミナーにつきましては、同業者の方の参加はお断り申し上げます。



■事前のご質問につきまして
事前質問は、セミナー開催前、3営業日前で締切とさせていただきます。
開催日3営業日以降に、セミナーにお申込みで事前質問がある場合、
当日質問いただくか、セミナー開催後、事後質問としてご質問ください。
日  時2021年05月14日(金) 14:30-17:30 (開場 13:30)
テーマ【外部講師講演】中国輸出管理の最新動向と日系企業の対応 5/14(金)[オンライン]
要  旨・「中国輸出管理法」の立法背景と意義
-現行の輸出管理法令の体系
-輸出管理法の立法背景
-輸出管理法の立法過程

・重要条文の解説と実務運用上の注意点
-管理品目/管理行為/監督管理方法/法的責任など

・関連制度
-信頼できない実体リスト
-中国輸出禁止・輸出制限技術目録
-外国の法律及び措置の不当な域外適用の阻止に関する弁法

・企業コンプライアンスとリスク管理

※内容は状況に応じて調整、変更の可能性がありますのでご了承ください。
講  師北京市金杜法律事務所パートナー弁護士
北京外国語大学国際制裁・輸出管理研究センター共同委員長
劉 新宇(リュウ・シンウ)様

■ご略歴
・北京市金杜法律事務所(King & Wood Mallesons)パートナー弁護士
・上海復旦大学法学部卒業、早稲田大学大学院法学研究科修了、修士(民法専攻)
・1990年に中華人民共和国労働部(省)入省、同省直轄の国際経済合作公司において総務副部長、法務部長を歴任
・1995年より弁護士として活動
・2001年から丸紅株式会社法務部において中国法顧問
・2005年2月に金杜法律事務所入所

■ご専門および得意な分野・研究
得意分野は、再編を含む企業M&A、国際貿易、独占禁止法、特に近年では輸出管理、税関規制・外貨管理などの輸出入関連のリーガルサービス及び紛争解決。

■本テーマ関連学協会でのご活動など
・中国政法大学大学院特任教授
・北京外国語大学国際制裁・輸出管理研究センター共同委員長
・中国人民大学税関・外為法研究所所長
・中日民商法研究会副会長
・中国国際経済貿易仲裁委員会(CIETAC)仲裁人
・一般社団法人日本商事仲裁協会(JCA)名簿仲裁人
・最高人民検察院民事行政諮問専門家
・「中国税関」専門家
場  所Microsoft Teamsを用いたオンライン開催となります。
会議URLはお申し込み後にご案内致します。
アクセスMicrosoft Teamsご使用上の注意事項

【使用環境について】
必ず使用環境のご確認をお願いいたします。
■推奨ブラウザ
・Google Chrome ブラウザ(79以降)
・Microsoft Edge ブラウザ(Chromium ベース)

■非対応
下記のブラウザではご参加いただけません。
※ただし事前にアプリをインストールいただくことでご参加可能です。
・Internet Explorer11 ブラウザ
・Firefox ブラウザ

【Microsoft Teamsアプリのインストール方法】
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/download-app
上記URLにアクセスし、「デスクトップ版をダウンロード」を押すとインストールが始まります。

※ツールの詳細につきまして、お申込前にお電話またはメールでのご質問も受け付けております。
受講料 1名につき25000円(消費税別、資料代
① ケミスパート会員に登録していただくと、お得な会員価格【無料会員は2000円引き(登録日より年間5回まで)、正会員は5000円引き(共通チケットの使用で年18回まで)】でセミナーにお申込みをしていただけます。
② 一般社団法人日本国際コンプライアンス推進認定協会(ICPCA)の会員の方は10,000円引きでセミナーにお申込みをしていただけます。
③ ①と②の割引きは併用していただけます。
主 催一般社団法人 日本国際コンプライアンス推進認定協会(ICPCA)
ハニカム・テクノリサーチ株式会社(共催)
お申込方法 「下記申込ボタン」を選択してお申込みフォームにご記入の上、お申込みください。
*先着順受付、定員になり次第締め切らせていただきます。
無料会員の方で、会社名、氏名、読みカナ、部署などの会員基本情報を入力が未だの場合、割引が適用されないため、先にケミスパートにログイン後、メニューの「各種設定」より「会員基本情報」を開いて必須項目を入力後、「変更を保存する」ボタンで情報を更新して頂きました上で、セミナー受講をお申込みしていただけますよう、お願いいたします。
お申込の流れ お申込み→メールにて「受講票」及び「請求書」発行→セミナー参加→お支払い

● お申込に際しての注意事項

  1. 弊社HP設置の専用申込フォームからお申込ください。
  2. お申込を確認後、受講票・請求書をお送り致します。
  3. 受講料は2021年06月30日(水)までに、弊社指定の銀行口座にお振込ください。
  4. 申込後のキャンセルはできません、ご都合により出席できなくなった場合、代理の方がご出席ください。
  5. 振込手数料はご負担ください。
  6. 当日はセミナー開始の1時間前よりアクセス可能でございます。余裕を持ってアクセスしていただきますようお願いいたします。
  7. 当日のスケジュールは、多少時間が前後することがございます。予めご了承下さい。