社員インタビュー採用情報
Y.T

コンサルティング事業部
SDS-24Hグループ
係長

前職では何をしていましたか?

接客業です。弊社に必要な化学の専門学とは無縁の仕事をしていました。

担当している業務内容を教えて下さい。

主な業務内容は中国・台湾・韓国をメインとしたSDS作成関連業務、法規制に基づいた危険化学品の登録などを担当しています。SDSとは、私達の生活の様々な場面で使用されている化学品に関する説明書のようなもので、安全に製造、使用、輸送、処理、破棄するために事業者に対し、義務化されているものです。

お客様から記載内容や記載方法に関する質問が有った場合には、輸出先対象国の法規制に基づき、アドバイス(コンサルティング)をしています。

1日の業務内容
8:45
出社
9:00
メールや電話での問い合わせに対する社内検討、お客様へのコンサルティング回答
10:30
チームメンバーへの指導
12:00
昼食
13:00
法規制や各国の当局の最新動向について確認と検討
14:00
社内システムの構築、改善等の提案
15:00
お客様あるいは社内での打合せ
17:00
弊社主催セミナーの資料案の作成
18:00
退勤
入社後のキャリアについて教えて下さい。

入社後半年 3つの業務を並行で行うようになり、後輩への指導も同時に進めるようになりました。
1年後 チームのサブリーダーに就任しました。主のリーダーは他チームとの兼任だったため、メイン業務は自分を中心に行いました。
2年半後 係長に就任しました。

仕事のやりがいはなんですか?

苦労や困難な事であっても、それを乗り越えてやり終えた時に、自らの成長を実感でき、達成感とともにやりがいを感じます。またお客様が間違った解釈をしてしまっている場合に方向性を正すため、法解釈を説明した時に「分かりやすかった」というお言葉を頂く事が増えた点は、素直に嬉しく思っています。

また、指導の仕方に悩む日もありましたが、後輩の成長を目の当たりにした時や、頼もしくなったと感じる瞬間が増えた時、苦労を思い返すと共に、感謝と感動を覚えます。

今までの業務の中で困難だったことはありますか?

たくさんあります。今まで経験したことのない新分野の仕事に就いたということもあり基本的知識が全くないところからのスタートだったので、何もかも、分からない事だらけで当時の上司には本当に苦労をかけてしまったと思います(笑)質問が非常に多い私を見捨てず、繰り返し指導の場を設けてくれた上司には非常に感謝しています。

また、現地法人の担当者と共に業務を進める中で、言語の問題により意思疎通に難を感じることが多く苦労しました。日本語が出来るものの、完璧ではないので理解するのに時間と労力がかかりましたが、現在は経験を積み、不完全な日本語でもある程度、察して理解するスキルを習得しました(笑)信頼関係を築き、業務を通じてお互いに高め合う事ができる点も1つの大きなやりがいに繋がっています。

ハニカムの魅力を教えて下さい。

業務を経て自分自身の成長を実感できるところに魅力を感じています。専門知識だけでなく、仕事をする上で重要である取り組む姿勢や基本的な心構え等、多くのことを先輩方から学ぶことが出来ます。また、新人の頃から様々な仕事を任される事で成長できるチャンスを多く頂けたことが、今の自分の財産となっています。

ページトップへ