フィリピンの新規化学物質申請代行業務

新規登録代行から輸入者様のシステム操作のサポート、当局との交渉まで包括的に支援します。

日本からフィリピンへの輸出には、非常に商流を経由しなければならないことから、弊社への問い合わせが相次いでおります。

問い合わせの背景は以下のような傾向があります。
・ 当局の補正意見にどう対応すればよいかわからない
・ 輸入者が法規対応に慣れておらず、進み方が遅い、何をしているか、不明
・ コンサルより予想外の費用を要求され、その内容も不明

このような問題を解決するために、日本企業に寄り添いつつ、当局と交渉してきた実績を有する 弊社へまずはお問合せください。

皆様のフィリピン輸出をトータルサポートいたします。

フィリピン新規化学物質登録業務
フィリピン新規化学物質登録業務の概要は以下のとおりです。

登録申請対象物質:フィリピン国内で製造・輸入を予定しているPICCSに未収載の新規化学物質。

申請の種類:
申請タイプ
数量/年(生産量または輸入量)
備考
PMPIN(製造前・輸入前届出) 簡易PMPIN (Abbreviated PMPIN) 1トン以上 規定6ヵ国(米国/ヨーロッパ/カナダ/日本/オーストラリア/韓国)いずれかで既存物質に該当の場合
詳細PMPINずれかで既存物質に該当の場合
B)詳細PMPIN(Detailed PMPIN)
1トン以上 規定6ヵ国のいずれにも未収載の場合
SQI Permit(少量輸入許可) 1トン未満 有効期限は1年間
Polymer Exemption(ポリマー免除) 制限なし
費用:登録物質数、登録タイプなどにより変動があるため、別途、お見積致します。

新規化学物質の登録に関する各種試験
PMPIN申請に必要な各国データーベースからの試験データ検索、及び、新規化学物質の登録に関する各種試験アレンジ、代行サービスを承っております。

フィリピン関連業務
①NOC通知サポート(フィリピン既存化学物質リストへの収載ルート)
②Validation文書発行(輸入時の全成分開示を回避できる方法)
③SDS&ラベル作成(現地法規対応)

法的根拠
・フィリピン共和国法律No.6969 (1990年10月施行 フィリピン環境天然資源省 (DENR))
・フィリピン共和国法律No.6969 施行規則と規制
・PICCS(フィリピン既存化学物質リスト)

ご相談・お問い合わせはこちら