2015-01-01

外国為替及び外国貿易法に基づく、安全保障貿易管理への対応

各国への新規化学物質環境登録、各国向けSDS作成、危険化学品登記などのサービスにおいて、弊社は対象国に技術情報を提供するため、外国為替及び外国貿易法に基づき、輸出令、外為令を遵守し、業務遂行前に、経済産業省に役務取引許可を申請します

お客さまが当社にSDS作成や各種登録申請を委託する製品が、輸出貿易管理令(輸出令)・別表第1の1~15項で指定された軍事転用の可能性が特に高い機微な「貨物」に該当する場合 または、・提供しようとする技術が、外国為替令(外為令)・別表の1~15項の「技術」該当する場合は、外為法に基づき、当社はこの技術情報を現地法人または現地当局に提出する前に、経済産業大臣の許可を受けてから、業務を遂行する必要がございます。

このため、業務開始の前に、お客様の製品の「リスト規制の該非判定」についてお伺いすることになっております。
ご理解の上、ご協力をよろしくおねがいします。

※外国為替及び外国貿易法に基づく、安全保障貿易管理については、経済産業省のホームページをご確認ください
 ■経済産業省 安全保障貿易管理ページリンク  →安全保障貿易管理

 ■リスト規制 概要ページリンク →リスト規制 概要
 ■リスト規制 (貨物) 及び (技術) のマトリクス表 ページリンク →(貨物) 及び (技術) のマトリクス表

中国・台湾化学品法規制総合情報システム ケミスパート
お問い合わせはこちら 03-6416-5212 お問い合わせフォーム
法規制ニュース メルマガ購読(無料)
セミナー一覧
アクセスランキング 会員のみ
新着記事
注目キーワード
規制該非検索
中国データファイル
採用情報
弊社HPに関するご意見・ご要望
ページトップへ