新規・既存化学物質関連

台湾既存化学物質届出・増補

第三次増補手続き代行について、2015年3月18日まで受け付けております。

台湾 行政院 環境保護署が、「毒性化学物質管理法」の下位法に当たる「既存化学物質と新規化学物質資料登録弁法」を公布し、本日12月11日より台湾化学物質登録制度が開始されます。 本弁法に規定の「第三次増補」について、当局の受付期間が2014年12月11日から2015年3月31日までとなっております。受付期間は延長できないことも法規に規定されています。

増補対象物質の申請手続きを予定される企業様は、早めに準備されることをお勧めいたします。

なお、今回の対象物質は2014年12月10日までに台湾で運用した化学物質となっております。

  • 増補対象物質:
    2014年12月10日までに、台湾で制造、輸入された化学物質
  • 増補方式: 労働部(旧・労工委員会)が過去公表した増補申告資料要求と類似。
  • 増補手続期間: 2014年12月11日~2015年3月31日 延長不可
  • 必要な資料: 申告人情報、物質情報、上記対象物質であるエビデンス
  • 提出先: 台湾環境保護署

手続きに関するお問い合わせ、またエビデンスに関するご相談など受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちら
ページトップへ