新規・既存化学物質関連

ポリマー申請該非調査と判定

GPCデータ等のご提供により、当該物質が中国におけるポリマー要件を満たしているか調査を行います。必要に応じて当局見解調査も可能です。

新規化学物質におけるポリマーの該非判定は、申告費用に関わる大変重要なポイントです。

主に以下の対応を行っております

  • 自社技術者による迅速かつ正確な判定
  • お客様のご要望により、さらに当局による事前判定結果のエビデンス取得も可能
  • 当局による事前判定(多数の実績有り)

是非事前にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら

簡易申告費用は常規申告に比べて低コスト

ポリマーであれば、その簡易申告費用は一般化合物の常規申告と比較すると10分の一 または数十分の一で済ませることができます。

ポリマーの該非判定は単純でなない

日本ではポリマーに該当するものでも、必ず中国のポリマー定義に該当するとは限りません。
一方、日本ではポリマー定義に該当しないものでも、中国のポリマー定義に該当することもあります。
その判定条件は、分子量だけではなく、分子量の分布状態、重量比、モノマー単位の個数などに関係 しています。

ページトップへ