各種試験代行

台湾CNS試験代行

2013年6月に全文改正された「職業安全衛生法」は、台湾において新規化学物質審査承認制度の法源とされるものであり、第13条の新規化学物質の事前登録義務に関して、年間製造・輸入量によって、事前審査で提出する情報提出するデータの種類は多くなり、審査期間も長くなります。なお、完全申告では対象物質が日米欧中加豪の2つ以上のリストに収載されていれば、審査期間が短縮されるます。

弊社は、事前審査で要求される各種試験データについて、台湾国家標準(CNS規格)に適合した試験を代行します。

  • 弊社のサービス
  • 自社データをお持ちでないお客様に、台湾国内の適切な機関を選定して、事前審査で要求される台湾国家標準(CNS規格)に適合した各種試験データの取得を代行します。
  • 業務の流れ
  • ①お問い合わせ、お見積依頼。
    ②製品情報などを確認して、試験機関の選定・お見積り提示。
    ③お客様よりご依頼確定後、試験機関に作業指示。
    ④各データ取得後、お客様へ報告書送付・確認。
    ⑤請求書発行
ご相談・お問い合わせはこちらへ
ページトップへ